memo memo memo


● スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


△Page Top       
● ミス 【2012/03/23 10:06】 ミス 【2012/03/23 10:06】 未分類
「またオレに触れた」をタイプミスして「またアレに触れた」にして一人ぶっと失笑する朝。
一文字違いで大違い。

おはようございます。

======================

 オレは顔を逸らし、アルの手から逃れた。
「弟の欲目ってやつだよ。なにせオレはカレーの錬金術師って店名そのまま呼ばれるような、アル自慢の兄ちゃんだからな」

======================

いま書いてるトコ。


5月3日のイベント後にアルエドラーが集まり、ミニシアターを貸しきってシャンバラ上映会をやるらしいです。

ご興味がある方、参加したい方は、ツイッターで
雲羅*きら*(春コミ東1G36b)さんを探すか、ケダモノがそのうち日記に書くというのでそちらを参照してください。

ケダモノのサイト
http://holeout.2-d.jp/
今週中には日記が更新されるでしょう。




スポンサーサイト
△Page Top       
● 染家のキーマカレーv 【2012/03/20 20:58】 染家のキーマカレーv 【2012/03/20 20:58】 未分類

染さんちに行ってきました。
たっくんがめっちゃ可愛く、染さんの笑顔に癒されてきました。
ああ、もう恋しい……。

二ヶ月会わなかったうちに、びっくりするほど言葉を覚えてて、本当にびっくりしました。

成長早いなー。

遊園地へ行って、一緒に乗り物に乗ったりしてきましたよ。めちゃ喜んで、帰るのを嫌がったくらい(笑)
たっくんは電車がお気に入りです。


管理人、実は2月~4月の間に、締め切りを三本も抱えていました。
いや、過去形ではないな。二本は片付け、いま残りの一本、「カレーの錬金術師」を書いてるところだから。

↑何が言いたいのかというと、そうです、言い訳です。


△Page Top       
● 明日 【2012/03/10 00:06】 明日 【2012/03/10 00:06】 未分類
染さんちに泊まりに行ってきます。

行ってきまーす( ̄▽ ̄)ノシ



皆が平凡な日々を送れますように。


△Page Top       
● 五月の新刊 【2012/03/04 03:37】 五月の新刊 【2012/03/04 03:37】 未分類
もうどう頑張っても間に合わない……というか私があまりにも悩んで書けないので、前回の「息の根を止める唇」の続きを出すのを諦めて、別の話を叶さん・kkさんの三人で書くことになりました。

染さんに「ふんどし兄弟は?」と、とっても面白いナイスアイディアを貰ったのですが、どう考えても描写が苦しいだろう、ということで……凄い面白い話だったんですがね……。

本文はまだ決まってませんが、タイトルだけは決まり、印刷所にも予約を入れました。

本のタイトルは
「カレーの錬金術師」

表紙イラストは染さんです。
本人にはまだ言ってないけど。

△Page Top       
● 「天使にはどうしようもない。」 【2012/03/03 10:23】 「天使にはどうしようもない。」 【2012/03/03 10:23】 未分類

朝っぱらからキッシュ作ったよ!!

マズい!


ちょっとしょっぱかった。やはり目分量では駄目か。ぐぬぬぬ。



インフォメーションにちらっと貼りつけておいたはいいけど、さっぱり詳細を描かないですみません。
いや、うっかり忘れちゃって。( ̄▽ ̄*)ゞえへへ


バナーの上にちょこっと書いてあります通り、突然ですが色々あって、テガミバチオンリーに参加させていただくことになりました。

知っている方は知っていると思いますが、テガミバチは設定が深く、同人小説泣かせ。
何回も読み直し、読みなおす度にテガミバチの凄さが分かって更に辛いという…フフフ。

書くことが決まり(というか私が強引に「オンリーに参加するからね!」と決めたのですが)

オレ「カップリングなんだけど」
親分「うん」
オレ「キャラクターわかんないから(←一気読みでストーリーしか追ってなかった)叶さんが決めて」
親分「んー、じゃあザジラグは?」
オレ「じゃあザジラグで」
親分「きっとぱいんさん喜ぶだろうなあ。クククク」

ザジラグが誰なのかも分からず、慌てて読みなおしてラグとは主人公の名前だと知りました。
そんなだから、書くの本当に大変だった。

しまさんが「テガミバチは、鋼に似ているところがある」と言ってましたが、最初の一気読みでは意味が分からず、本を出すにあたって熟読してから、その意味に気づいた。
テガミバチっておもしろーい、と思っていましたが、熟読すればするほど凄さが分かります。

皆はまって大盛り上がり? と思いきや、同人活動をしている方は少なめ。
「なんでー!?」
と思ってたけど、そういや自分だって「テガミバチの二次創作は難しい。ハードル高い」って思ってたやんけ。

ほんの少ししか作らないので、通販は完全予約制です。

詳細はこちら
http://voice-run.suger.biz/bokuha/mini_hive/beeonly/beeonly_book.html


表紙 (Bad-hare)

装丁・イラスト  (染)

Jr×ゴーシュ  (叶逢樹)
ザジ×ラグ    (直)
ロイド×ジギー  (可那他)

詳細ページのカップリングのところをクリックすると、本文サンプルが読めます。

ご質問など、お気軽にどうぞ~。

無事に書き終わった管理人は、いまアルエド原稿です。
4月の締めきりに間に合うだろうか……。


△Page Top       




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。